◇ 当面の間、新型コロナ関連情報を中心にお伝えします ◇

【海外新型コロナ情報】警察にも感染被害拡大、トランプ大統領はニューヨークを強制的隔離の意向

【海外新型コロナ情報】警察にも感染被害拡大、トランプ大統領はニューヨークを強制的隔離の意向

トランプ大統領は土曜日、コロナウイルスの発生により、ニューヨーク、ニュージャージー、コネチカット地域で「強制的隔離・検疫」を検討していると述べました。

一方、ニューヨーク州知事のアンドリュー・クオモ氏は、検疫・隔離について大統領と話をしていないと語っています。

クオモ知事は「それが何を意味するのかさえわからない」 「それがどの程度、法的強制力を持つのかわかりません。」と述べています。

大統領のコメントは、ニューヨーク州でのコロナウイルスの症例数が52,000人以上に増加し、728人が死亡した事によるものです。

新しい数字はまた、警察がウイルスにより大打撃を受けたことを示唆しています。 ニュージャージー州では、700人以上の警官がコロナウイルスに陽性反応を示したと州警察は述べました。 そしてニューヨーク市では、警察署の3人のメンバーが亡くなっています。 「私達は私達の家族の3人のメンバーをわずか48時間で失いました」と土曜日にニューヨーク市警関係者は話しています。

連邦刑務所で初の死亡者が発表されました

米国当局報道官によると土曜日、ルイジアナを拠点とする連邦刑務所でコロナウイルスによる初の囚人志望者を発表しました。

連邦刑務所は3月19日、咳を訴えた49歳のパトリックジョーンズ受刑者が入院、陽性反応を示し、数日以内に人工呼吸器を装着したと語りました。

「2020年3月28日土曜日に、CDCがより重度のコロナウイルス(COVID-19)疾患の危険要因として挙げている長期の既存病状を示していたジョーンズ受刑者は、病院のスタッフによって死亡を宣告された」 との声明を公表しています。

ジョーンズ受刑者は、販売目的でクラックコカインを所持していたことで、990人の受刑者がいるオークデール刑務所に投獄されていたと当局は述べています。 専門家は「囚人が人から人へと広がるウイルスに特に感染しやすい」と数週間前から警告していました。

ニューヨーク市警の12%が病欠

コロナウイルス(COVID-19)に関連による刑事の死亡後、土曜日の時点でニューヨーク警察の4,300人以上の制服警官が病欠しています。

警察署員の12%は業務ができず、警察は既存の病状のある職員と妊婦に業務割り当ての変更を許可しているとのこと。

警察隊の700人近くの制服および民間の警察職員がコロナウイルス陽性であると確認されています。 これまでところ、ニューヨーク市警の3人の職員がコロナウイルス(COVID-19)発生後に死亡しています。

[情報元:NBC NEWS https://www.nbcnews.com/ ]

2020年3月28日ポルトガルのカスカイス コロナウイルス(COVID-19)拡散防止のため、市職員が下町の通りを消毒している様子
2020年3月28日 ポルトガルのカスカイス コロナウイルス(COVID-19)拡散防止のため、市職員が下町の通りを消毒している様子

World Newsカテゴリの最新記事