◇ 当面の間、新型コロナ関連情報を中心にお伝えします ◇

【海外新型コロナ情報】米国で3,000件以上の症例を確認。新たなスクリーニング検査により空港はパニックへ。

【海外新型コロナ情報】米国で3,000件以上の症例を確認。新たなスクリーニング検査により空港はパニックへ。

ヨーロッパ諸国はコロナウイルスの拡散により町や都市を封鎖し続けているため、アメリカ人は今週末、休暇の短縮、帰宅便の予約の取り直しを強いられています。

CDC (アメリカ疾病予防管理センター)は日曜日、50人以上のすべてのイベントは今後8週間は中止されるべきであり、人々が5月上旬まで「社会距離戦略(インフルエンザなどの感染症対策において、人と人との距離を開け、接触機会を減らすこと)」を推奨するガイダンスを発表しました。

ニューヨーク市は公立学校を閉鎖すると発表し、全国の多くの都市がバーやレストランの閉鎖を命じ、一部の人は外出禁止令を発行して社会距離戦略を奨励しました。 その間、実店舗の小売業者が店舗を閉鎖し始めました。

日曜日の夜、株式先物は急落しましたが、連邦準備制度の前例のない緊急措置により、利下げが発表されました。

米国は確認されたコロナウイルスが3,000件を超え、死亡者数は少なくとも61人に達し、そのうち25人はワシントン州カークランドのライフケアセンターに関連しています。

[情報元:NBC NEWS https://www.nbcnews.com/ ]

2020年3月14日、テキサス州グレープバインのダラスフォートワース国際空港で税関を通過するために列をなす人々

World Newsカテゴリの最新記事